Japan-Russia Startup Online Conferenceを開催しました

欧亜創生会議は、2020年9月16日、これまでロシアに対する関心の薄かったスタートアップ関係者を対象に、ロシアのマーケットポテンシャルを理解してもらうことを目的としたオンラインカンファレンスを開催いたしました。

約50人の参加者を前に、日露を代表するスタートアップ企業の経営陣が、自社のサービスや今後の展望について熱く語りました。本イベントには在日ロシア連邦大使館のガルージン大使、ロシア連邦文化科学協力庁駐日代表のチトフ氏、モスクワ大学サイエンスパークのペトレチェンコ氏も参加。日本だけでなくロシア側参加者の熱も高く、ピッチ終了後にはカジュアルな交流会も行うなど、大いに盛り上がりました。

-登壇者一覧-
Takayuki Omori :RouteX Inc. CEO(欧亜創生会議副理事長)
Ko Matsuhiro:VLEAP CSO (Strategy)
Igor Voroshilov: LikePay CEO
Masahiro Tsukao:RouteX Inc. COO
Ivan Afanasov :NAPOLY LLC Founder
Denis Zakharkin:CEO and founder of VR Concept
Alexander Shadymov:LUMEX※当日急遽欠席

日露ビジネスをさらに発展させるために

当会が本イベントを開催することになった背景に、日露ビジネスにおいては相互にシナジーのある分野が多く存在するにもかかわらず、情報の非対称性が高いためにお互いを知る機会が極めて少ないという問題意識がありました。

当会の副理事長であり、RouteX Inc. CEOの大森は、早くからこの問題に関心を寄せていた一人です。日露双方の連携可能性を広く周知していくことが、新たなビジネス創出につながるという考えのもと、数か月にわたってロシア側との交渉・調整を行ってまいりました。

特に今日のスタートアップ企業は、テクノロジー企業が中心のため、オンラインでの連携交渉が比較的容易であると同時に、高い成長ポテンシャルを有しています。私たちの思いに共感いただいたロシア大使館の協力のもと、モスクワ大学サイエンスパークまで巻き込んだイベント開催にこぎつけたことは、日露ビジネスの発展にとって大きな一歩となったのではないかと考えています。


 

登壇者の皆様。参加者からの鋭い質問にも的確に答えていく姿が印象的でした。

私たちの今後のビジョン

今回のイベントをきっかけに、私たちは日露ビジネスに関心のある方々のコミュニティを創出し、継続的な情報交換を行える体制を築くこと、そして私たちのコミュニティ内から様々なビジネス連携や新規事業等の創出を行っていくことを目指しています。

そしてこれらの活動は日本とロシアとの間だけでなく、ゆくゆくはユーラシア各国との連携と発展につなげていきたいと考えています。今回のイベントは私たちのビジョンを実現する大きな一歩であり、今後も様々な方々との連携を強化しながら、日本とユーラシア各国の発展に貢献できる団体となるべく、活動を続けて参ります。

イベントレポート