日本の国際的地位向上に貢献する「民間外交の旗手」

当会は、ユーラシア各国の政府機関や研究機関、教育機関と、対等なパートナーシップに立ちながらも、あくまでも民間としての立場で、伝統的な既存の枠組みにとらわれない、新しいコミュニケーションルートを開拓し続けています。それは、日本を世界に発信していくことでもあり、また日本の国際社会における地位向上に貢献するものでもあります。

 

当会ではさまざまな会員が、日本とユーラシアとを結ぶ「民間外交の旗手」として活躍しています。会社員として働きながら、会社を経営しながら、研究者として大学で働きながら、学生として勉学・サークル活動に打ち込みながら、それぞれが自分のペースで、国を超えた活動に携わっています。

国と国との関係、国際機関のあり方、国境の意味がますます多様化するなかで、私たちの活動の中心は、各国の人々との直接対話の機会を増やし、その成果を社会に広げていくことにあります。来るべき新しい社会をともに考える仲間が増えることを願っています。

硬派なクオリティーマガジン『インスピリッツ』の発行

当会では2013年に創刊された現役大学生による雑誌『インスピリッツ』の発行事業を受け継ぎ、現在は機関誌として発行を続けております。ウェブメディアが席巻するなかで、あくまでも紙媒体での発行にこだわり、一歩立ち止まって自分の視点で考えられる場を提供したいと考えております。