ウラジオストクオンライン旅行イベントを開催しました

一般社団法人欧亜創生会議は、2020年9月19日、Russian/Travel代表でウラジオストク旅アドバイザーである高見翔希さんと、ロシア科学アカデミー極東支部極東諸民族歴史研究所研究員であるゴリアチェヴァ・エレーナさんをお招きし、ウラジオストクの魅力について語り合うオンラインセッションを開催いたしました。

ウラジオストクの隠れた魅力を発見

ZOOMで開催された今回のイベントには、32名が参加し、高見さんからウラジオストクの魅力について紹介していただいた後、ゴリアチェヴァさんも交えて、参加者との間で活発な質疑応答が行われました。

事前に参加者から寄せられた質物

ゴリアチェヴァさんからは、ウラジオストクならではお土産ものとして、海藻やホタテ、雲丹などの海産物味のチョコレートがあることや、野生の薬草を使ったリキュール、フローツキー・デパートで販売されている海軍グッズなどをご紹介いただきました。

また高見さんからは、住所も連絡先も一般公開されていない、会員限定のバーについてのお話があり、文字通り、ウラジオストクの「隠れた魅力」を知るイベントとなりました。

高見さんはウラジオストクの旅情報をインスタグラムでも配信されており、ホテルの手配などにおいては、優待特典もありとのこと、ぜひ高見さんのインスタグラムをご覧ください。

今後の予定

当会は、日露地域間交流年記念事業としての「もっとロシアを知ろう!」プロジェクト(ロシア連邦科学技術文化交流庁駐日代表部との共催)にも参画しております。コロナウイルスによる観光機会の喪失に対して、いまできることとして、オンラインによる旅行イベントを引き続き開催してまいります。

2020年9月29日(火)には、「もっとロシアを知ろう!」プロジェクトの一環といたしまして、ウリヤノフスク州政府よりアレクセエワ・マリーナ第一副首相、ウリヤノフスク州観光庁よりイリイン・デニス長官をお迎えしたイベントを予定しております。

「ロシアに行きたくなる100の理由+」

また当会では、インスタグラムプラットフォーム「ロシアに行きたくなる100の理由+」の運営にも参画しております。

こちらのプラットフォームにおきましても引き続き、日本の若い世代として、新しい視点からの日露の情報発信や、イベント開催を通じた関係構築に尽力してまいります。

ウラジオストク オンライン旅行イベントを開催しました