2022年1月24日、東京外国語大学ロシア語サークル「リュボーフィ」の皆さんをお招きし、タタールスタン駐日通商代表部を訪問いたしました。(ZOOMも取り入れたハイブリッド開催)

当会が昨年から実施しているアイディアソン「Remake 日ロ交流~24時間ジャブれますか?~」では、選考の結果、「リュボーフィ」の皆さんによる「ぬいぐるみ旅行プロジェクト」が第一号プロジェクトとして採用されました。今回、タタールスタン駐日通商代表部を訪問し、「リュボーフィ」の皆様から直接、駐日代表にプロジェクトの説明を行い、意見交換を実施したほか、タタールスタンへ出発するぬいぐるみたちを通商代表に手渡しする「授与式」を執り行いました。

コロナ禍の中、海外留学の中止など、学生による文化交流事業が大きなダメージを受けるなかで、当会では引き続き、新しい交流の形を開拓するための学生によるイニシアティブを支援し、その実現のためのお手伝いをしてまいります。

中央:アブディケエフ・タメルラン駐日通商代表、右端:当会理事である穂原君
タタールスタン駐日通商代表へ大学生からの提案を実施いたしました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です