パンデミック状況のなかで、日露の学生交流も大きな影響を受けている。特に留学の中止などの措置は、学生の人生進路の選択にも影響する。このような困難な時期に、すこしでも学生交流を盛り上げようと、本紙では日露の学生交流団体である「日露学生会議」、「日本ロシア学生交流会」、「リュボーフィ(東京外国語大学サークル)」の各代表にお集まりいただき、緊急座談会を開催した。(聞き手:加藤哲熙、三宅綾香)

(『インスピリッツ』第11号、2021年6月発行、P.13~16)

緊急座談会!日露友好を支える学生が語るパンデミック下の交流
Tagged on:     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です